HOPPER×HOPPER

今年から本気出す。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日まで、詐欺に引っかかりそうになっていた。
手口とかの詳細は後日、書きたいと思う。
一連の詐欺のせいで学祭前から全然落ち着かない日が続いていたが、
やっと落ち着いた。
今は開放感でいっぱいなんで、1から2週間ぐらいは遊びまくりたいと思う。
ストレス発散もかねて約一年ぶりくらいに一人でカラオケに行ってきた。
最後のほうにマソソソ・マソソソとか連続で入れたからのどがヤバイ。
けどああいうの必死に歌うとかなりのストレス発散になるってことが分かった。
これからは結構一人でカラオケに行くかも。

とまあ、そんなことはどうでもよくて何がいいたいかと言うと、
詐欺に関わったY田とS須とS藤、全員死んでまえーーーーーてことです。
特にY田、何学生の間から詐欺しとんじゃぼけーーーーー!!マジで死ねーーーーーーーーー!!



FUKCK IT!!!!!!!! FUCK IT!!!!!!!!
じゃあの
スポンサーサイト

結構前のことだが、プロレスゲームをしていたらすごく欲しくなったのでケンドーカシンのマスクを買った。
プロレスは結構昔は好きだったが、そういえば最近はたまにWWEを見るくらいで日本のプロレスは全く見ていない。カシンとライガーは今でも好きだが。
中継を見てはいないが日本のプロレス界の事情とかはなんとなく理解しているつもりだ。なんか21世紀になってから全くスターが出てきていない気がする。
いまだに永田さんがエース格て相当な人材不足に陥ってる気がする。
そもそもこの人は全盛期ですら華もないしエースというよりは脇役的ポジションがあってる気がする。(その全盛期にも総合格闘技でミルコに秒殺されていたが。)
この人たちを子供とかが見ても全然すごいとは思わないだろうし、なんとなくこれからも日本でプロレスが盛り上がることはなさそう。
それに比べてWWEはカッコいいスターがいくらでも出てくるからすごい。
WWEのエンターテイメント性が取り上げられて、ハッスルとかやってるけど、あれも回数を重ねるにつれてどんどん変な方向に進んでいる。(レスラーでもない芸能人を使うことがエンターテイメントなのか?それは絶対ずれてると思う。)
日本のプロレスは伝統的に(特に新日で)ガチ的スタイルをとっていて、実際そのスタイルで30年くらいは人気があったんだから、別に今のままでいいと思う。 
もちろんエンターテイメント性も重要だとは思うが、下手に取り入れれば今までの固定ファンですらもいなくなるだろう。
WWEのようにムキムキでイケメソなレスラーが出てきて○○王子としてメディアに取り上げられたりするくらいしか無いんじゃないかと思う。
もちろんそんなものは一過性のブームに過ぎないと思うし、根本的な解決になっていないが。
でも今後流行るとしたら、そのくらいしか思いつかない。今の日本のプロレスラーてあんまりかっこよくないし、中年みたいな体つきしてるし。(実際中年がかなり多いが。)

今日の一曲 トーマス・オマリー/阪神タイガースの歌(六甲おろし)


じゃあの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。